祖母の入院
早朝6時頃、家の電話が鳴った。

自宅から車で5分位のケアハウスにいる、祖母が救急車で運ばれ、入院したという知らせだった。

祖母は、以前2回、脳梗塞で倒れているので、ものすごくドキッとした。

でも、今回は、脳梗塞ではなく、39℃以上の熱が出たとのこと。


父と母が、急いで病院に行き、祖母の様子を見に行った。

祖母が、自分の右足の膝下の脛の所を、痒くて掻いたところ、そこから菌が入って、炎症を起こしたらしい。

聞いた事のない、難しい名前の病名だった。

お薬と抗生物質で、熱を下げたり、患部を治療してもらい、夕方には、熱が下がった。


もう、今年で94歳になる、おばあちゃん。

小さい頃は、よく遊んでもらい、とても良くしてくれた思い出が、本当にいっぱいある。

今は、認知症が進んでしまって、短期の記憶がすぐに無くなり、同じことを繰り返す。

でも、どんな状態になっても、私の大好きなおばあちゃんであることに、変わりはない。


DAVIDを連れて、おばあちゃんのところへ、挨拶に連れて行ったら、私達の結婚をとても喜んでくれた。

きっと、もう覚えていないだろうが、DAVIDをおばあちゃんに合わせる事が出来て、とても良かった。

DAVIDも、会ったおばあちゃんをとても好きになり、入院を知らせたら、とても心配してくれ、回復を祈ってくれている。

DAVIDのご両親も、早い回復をアメリカから祈っていると、DAVIDがメールで教えてくれた。


認知症が進んでも、身体の機能は、父母以上に良好で、健康体の祖母。

昔から、よく働き、身体を動かして来た人なので、とにかく骨や歯が丈夫なのだ。

100歳を越えて、まだまだ長生き出来ると思っているので、今朝の急な知らせは、本当に驚いた。


たまたま、その前夜の夢で、おばあちゃんが出て来て、話をしたところだったので、何だか不思議な感じ…。

普段、私はめったに夢を見ないので、“虫の知らせ”だったのかな?と感じる。

とにかく、祖母の回復を願ってる。

Topic:今日の出来事 - Genre:Mental/Health

[2013/09/30 18:47] | つれづれ (murmur) | Trackbacks(0) | Comments(0)
まだいる奴ら
朝晩、だいぶ涼しくなってきた。

秋の空気が気持ちよく、夏ももう終ったのだな…、と最近、季節の移り変わりを感じる。


…と油断していると、まだ蚊は元気にけっこういるので、ビックリ!!

これだけ涼しくなってくると、もう蚊がいなくなっているだろうと思っていたのに…。

この前は、足の裏を刺されていた。

突然、猛烈に痒くなり、知らぬ間に、一瞬で刺されていて、何とも悔しい…。


先日は、かなり涼しい夜だったので、そのまま寝たら、足がメチャクチャ痒くなり、夜中に目が覚めた。

膝上の太ももの、同じ方の足を、2箇所も蚊に刺されていたのだ。

寝ていたから、私は無防備だったので、かなり大きく刺されていて、それで痒みも大きかったのだ。

涼しくなっても、まだ油断は出来ないのだ。

夜中に起こされた後、蚊取り線香を点けてから、また寝た。

ちょっと、蚊取り線香の煙は、煙たいのだが、蚊の攻撃を受けることを思えば、仕方ない…。


蚊は、本当に厄介だ…。

この刺された後の、猛烈な痒みだけは、本当にいただけない。

早く蚊がいない季節になる事を、心から願う。


DAVIDのいるシアトルは、蚊がいないらしい…。

何とも羨ましい限りだ。

来年の夏は、シアトルで、蚊に悩まされない毎日になる事を、切に願う。

Topic:今日の出来事 - Genre:Mental/Health

[2013/09/28 09:41] | 独り言 (Talking to myself) | Trackbacks(0) | Comments(0)
体罰
最近のニュースで、学校の部活で、教師による体罰が問題になっていた。

明らかに、教師が生徒を、何度も激しく平手打ちしていて、教育指導というには、あまりにも逸脱した行為に見えた。


私が小学生2年生の時、若い男性教師が担任で、よく、怒られて叩かれたことを思い出す。

1メートルある、大きな木の定規で、野球のフルスイングのように、生徒のお尻を思いっきり叩くのだ。

子供達のお尻には、青あざが出来、泣き出す生徒も大勢いた。


時には、その大きな木の定規を縦にして、細い部分を頭へ向かって、落とされた事もある。

あまりの痛さに、頭が割れるかと思った。

その罰を受ける子は、1人ではなく、何人もいたので、列になり、それを待つ間、暴力の恐怖に皆、青ざめていた。

教室内での、あの木の定規バットのお仕置きは、あまりに悲しい思い出だ。


怒られる原因は、忘れ物とか宿題忘れとか、本当に些細な事だったと思う。

若くて、ヤル気に溢れていた先生からすると、思い通りに行動しない幼い子供は、腹立たしく感じたのだろう。

木の定規で思いっきり殴られる時に、生徒が教師からの愛情を感じるわけはない。

暴力に対して、ただただ恐怖を感じながら、過ごしていた。

それでも、教室の中では、先生は絶対の存在…。

怒られるような、悪いことをしたのは自分達なのだから、叩かれることは仕方ないと、思わされてしまう。


一生懸命に指導したいという思いが、あまりに強過ぎて、「怒る」ことと「叱る」ことの区別がついていなかったのでは?と、今思い返すと、感じる。

私達の担任の翌年も、同じ様な暴力による指導があったらしく、その若い教師は、その翌年は別の小学校へ転勤させられた。


今でも、教育指導を、あまりに勘違いした体罰が横行している事実を、悲しく思う。

「先生」と呼ばれ、自分の考えが絶対だと思い込み、先生自身の捉われた価値観の中で、それが当たり前と思い込まされ、指導を受ける生徒は悲惨だ。

子供は、教育現場では、先生よりも弱い立場になる。

だから、教師はその強さをかさに、していい事と悪い事を、自らちゃんと律して、行動しなくてはならない。


暴力的な行為からは、何もプラスなことは生まれない。

「先生」と呼ばれる人達は、暴力ではなく、愛情に基づいた行いから、生徒に思いを伝えることは、出来るはずだ。

どんな言い訳も、暴力をしていい理由にはならない。

ほんの一部の教師の、歪んだ教育観がこのような、悲劇をもたらす。

こういう悲しい出来事が、教育現場からなくなることを願う。

Topic:ひとりごと - Genre:Mental/Health

[2013/09/26 09:29] | つれづれ (murmur) | Trackbacks(0) | Comments(0)
2020年のオリンピック
2020年のオリンピック開催が、東京に決定した。

その話題やニュースで、9月はすごく盛り上がった。

私は、あまり興味がなく、「あぁ、そうなんだ」と、普通のニュース程度に捉えていた。

でも、その決定までの様々な苦労や努力が、裏側でたくさんあったと知り、ほんの少しだけ興味がわいた。


2020年まではあと、7年ある。

だから、それまでに色々な準備をして、その経済効果は、数兆円とも言われている。

開催地の東京の街は、どんどん変わっていくのだろう。

震災の復興も、オリンピックの準備と共に、もっと進んでいくといいなと思う。

オリンピックの準備ばかりに、日本の税金を使わずに、ちゃんと震災復興へも、力を入れていってもらいたい。


それにしても、明け方のオリンピック開催決定のニュースを、今か今かと待って、大盛り上がりしていた人達もいたのには、驚いた。

自分のテンションが、それ程に高まっていなかったので、そんなに盛り上がれる人達との、温度差を感じた。

オリンピックを東京で開催しても、他の都市で開催しても、自分自身の生活には、あまり影響がない様に思うからだ。

きっと2020年には、もう日本にいないと思うし…。

こんなに、興味の薄い私は「非国民」と、非難されてしまうかな??


確かに、オリンピック招致に、ずっと心血を注いで来た方達からしたら、ものすごいビッグニュースだし、名誉な決定だろう。

でも、何だかその異常な盛り上がりに、少し冷めてしまう自分がいるのを否定できない…。

頑張った方達には、「お疲れ様でした、良かったね」と思うが、まだまだ震災復興が不十分な今、オリンピック開催を素直に喜んでいいものか、疑問が残るのだ。


何はともあれ、オリンピック開催が決定したのだから、7年後へ向けて、いい変化を期待している。

Topic:ひとりごと - Genre:Mental/Health

[2013/09/24 09:48] | 独り言 (Talking to myself) | Trackbacks(0) | Comments(0)
残念!!
9月の新月と満月に、DATOXのプログラムを企画していた。

三重の友人Nさんの古民家で、一緒にやりましょうということになり、Nさんと一緒に企画し、準備した。


でも、出来た企画をHPでUPして、プログラムの告知をしたのだが、〆切り間近になっても、なかなか思うように参加者が集まらなかった。

プログラムは少人数制だったので、すぐに集まるかな?と思っていたのだが、残念ながら定員に達することができず、どちらも実現出来なくなってしまった。

HPだけの告知では、案内不足だったのか、何か人を惹きつける魅力に欠けていたのか、参加者を集められなかった原因は、いろいろ考えられる…。

とにかく参加者が集まらないことには、やりたくても何ともならない…。

日本にいる間に、DETOXのプログラムをやりたかったのだが、残念な結果になってしまった。


Nさんは、いろいろ気にしてくれ、すごく申し訳ないと言っていたが、それほど気にしないように、伝えた。

プログラムは実現できなかったけれど、企画書を作ったり、一緒にHPの案内を考えたり、これまでにやった事は、決して無駄にはならない。

全てが、私自身の学びになっているし、今回の事を糧にして、次に繋げて行きたいと思う。

協力してくれたNさんには、感謝している。


Nさんは赤ちゃんを産んで、ママとしての毎日がとても忙しくなっていた。

だから、プログラムが中止になって、Nさんの負担にならなくて良かったのかもしれない…。

彼女が、一緒にDETOXのプログラムをやる事に、快く同意してくれて、本当にありがたかった。

今回の反省をもとに、また、色々と考える事ができた。

だから、Nさんの心遣いには、本当に感謝している。ありがとう!!


今日から、4週間後にはシアトルへ行ける!!

それが、今は本当に楽しみでしかたない…。

早く、DAVIDに再会して、一緒に時を過ごしたい。

Topic:感謝をこめて - Genre:Mental/Health

[2013/09/21 09:30] | つれづれ (murmur) | Trackbacks(0) | Comments(0)
9月の満月
今日9/19は、9月の満月ですね。

今夜20:13~の満月スタートで、今月はうお座の満月です。

9月の満月は、「中秋の名月」で、秋のお月見の日で、何だかいつもの満月よりも、特別な気分になります。

今夜はお天気が良さそうなので、きれいな満月が見られそう!!


子供の頃は、満月の夜、母がお供えに用意した、お月見団子を食べるのが楽しみでした。

そして、秋の味覚である栗も、そのお団子と一緒にお供えしてあり、後で、それを蒸して食べたのが、懐かしい思い出です。

蒸し上がった大きな栗を、真ん中を包丁で切って、スプーンですくって食べると、ホクホクとしてほんのり甘く、とっても美味しかったのを覚えています。

あなたは、中秋の名月の思い出は、何かありますか?


ちなみに、今回のうお座の満月で、このうお座には、「変化する」「調整する」「情緒的」「内向的」「消極的」などに関わりがあるので、もし、何か手放したいことがあるなら、これを参考にどうぞ!


また、うお座の月のキーワードは…、

「感受性」「受け身」「アートの才能」「睡眠・夢」「瞑想」「ヒーリング」「精神世界」「ファンタジー」「現実逃避」「矛盾した行動」「価値観に縛られない」「先入観」

など、感性や自分の価値観に冠するするものが多いですね。


満月は、「手放す」ことで、自分自身を解放するいいチャンス!

何か、自分の中に不要なものがあるなら、是非やってみて下さいね。

自分の中にあるものを、改めてハッキリ表に出すことで、要らないモノが良く分かり、意識的にサヨナラしやすいのかもしれません。


それから、うお座が支配する身体の部分や機能は、「足」「足の裏」「睡眠」「夢」などです。

何か、これらに不調がある方は、この時期にケアするといいですよ。


どんなに離れていても、月は同じように眺められるから、好き。

日本とシアトルは16時間の時差があるから、ちょっと時間差で、満月をDAVIDを眺めることになる。

後1ヶ月したら、またシアトルへ行けるのが、とてもワクワクしています。


今夜の満月、あなたはどのように過ごしますか?

Topic:すこしでも参考になれば・・・ - Genre:Mental/Health

[2013/09/19 09:47] | 月 (MOON) | Trackbacks(0) | Comments(0)
台風18号
昨夜から、大型の台風18号が近づき、朝まで強い雨風が、続いた。

今年になって、もう18個目の台風とは…。


夜、窓を開けて寝ていたら、あまりの強風にカーテンがワサワサして、強い雨が降り込んで来た。

身体をワサワサ撫でるカーテンと、強い雨音・雨の水滴で目が覚め、急いで戸閉まり!

強い雨風で、この古い家はガタガタ揺れ、何だか壊れそう…。


朝起きると、あまりの豪雨と強風で、川の増水や氾濫で、全国各地で、様々な被害が出ているというニュースに、心が痛む。

私の家の周りは大丈夫だが、多い雨で床上や床下浸水する場所は、本当に大変だな…、と思う。

土砂崩れで、家の中まで土砂が流れ込み、人が埋まってしまうこともある。


自然の力は、本当にに偉大だ。

こういう大自然の前では、人間の作ったものや人間の存在そのものは、ものすごくちっぽけで、非力だな…、と思う。

台風一過し、今は雨が止んで、強い風だけが吹いている…。

大量の雨と、力強い風の力は、自然のパワーやエネルギーを、これでもかと人間に見せつける。

この自然との共生は、いつも私達について回る色々な課題を、与えてくれる。


あなたは、どんなことを、この台風で感じていますか?

台風の被害からの復旧と、皆様の無事を願います。

Topic:今日の出来事 - Genre:Mental/Health

[2013/09/16 09:25] | 自然界  (Nature world) | Trackbacks(0) | Comments(0)
死後の後始末
私の家は、父が長男なので、家に仏壇があり、それを守る役割を持っている。

だから、小さい頃から親戚が集まり、家にある仏壇に関わるのを見てきた。

死や死後の事が、とても身近に感じて、あまり怖いと思わない。


祖祖母や祖父の葬式を、成長期に身近で体験したことで、それが自分の死後の後始末を、色々考えるきっかけになった。

お墓や仏壇があると、家族や親戚は、もちろんそれを大事にしたり、季節の行事をして、年忌をしなくてはならない。


私は、自分が死んだら、葬式・お墓・仏壇のいらない状態が希望だ。

死体を焼いて、その遺灰は、海に散骨してもらいたい。

それが一番手っ取り早く、多くの人の手を煩わせない方法かな…、と思う。

お墓参りもいらないし、年忌もしなくていいし、後に残された人がする世話が減る。

海の一部に、自分の遺灰がなることで、自然の営みの一部に、自分が還ることが私らしいと思うのだ。


Davidと私が、どちらが先に死ぬのかは、神のみぞ知る事だ。

だから、SKYPEで一応私の死後の希望を、DAVIDに伝えたら、「そんな事を今言うと、悲しくなる…」と言われてしまった。

悲しませるつもりはなかったので、単なる私の希望だと、伝えた。

確かに、今考える必要ないのかもしれないが、いつかお互いに訪れるその日は、必ず来るのだから、ちゃんとお互いの希望を知っておくことは大切だと思う。


私の実家は、もし大地震が起こったら、津波ですぐに無くなるような場所にある。

だから、今日明日、何が起こるか、誰にも予想はできないから、一応、死んだ後のことを考えておく必要がある。

30年以上も前から、東海大地震が起こると言われているので、いつ大地震が起きてもおかしくないのだ。

DAVIDと離れ離れのまま、渡米するまでに、そんな事が起こらない様に、願っている。


だから、何気なく過ぎていくこの毎日も、1日ちゃんと無事に過ごせていることは、とてもありがたい。

「今日一日をありがとう」…、と寝る前いつも、感謝の気持ちがわく…。

Topic:感謝をこめて - Genre:Mental/Health

[2013/09/14 09:44] | ライフスタイル (Life style) | Trackbacks(0) | Comments(0)
死後
ご近所の奥様が、ガンで亡くなった。

私と同級生の息子さんがいて、実家の2軒先に住んでいる、昔から知っている方だったので、とてもショックだ。

ガンの症状がもう、これ以上改善されないところまできていて、病院で入院したまま、亡くなった。

つい数日前に、母が、お向かいの奥様と一緒に、病院にお見舞いに行き、たくさん会話してきたばかりだったのに…。


その奥様は、自分の死後、自分の身体を、誰かや何かに役立てて欲しいと、臓器提供と解剖を、病院にお願いしていた。

母は、それを聞いて、「私には出来ないな…」と言った。

「私はどうだろう?」と、ふと考えた。

死んでしまったら、もう痛みや苦しみもないから、私も、自分自身の臓器を使えるものなら、使ってもらいたいなと思う。


今の免許証や健康保険証の裏には、自分の臓器提供の意志を書くところがある。

「心臓・肺・肝臓・腎臓・すい臓・小腸・眼球」で、自分が提供したくない臓器があれば、それも選べる。

以前、免許証や保険証をもらった時、すぐに全部提供してもOKと思い、記入した。

その後、何度か、免許の書き換えや、保険証の交換があり、毎回書くのが面倒になり、今は白紙のままだった。

でも、脳死や心臓停止後の臓器提供に、私は今でも、OKだなと、改めて思う。


この肉体は、単に、神様からの借り物…。

生まれてきた時に、この世で活動する為に、わたしのSOULが、一時入った容器としての身体は、死後、またお返しするだけ…。

私の肉体が、自分だけの物だという意識は、あまりない。

だから、自分の意識や感覚が亡くなった時、どこかの臓器が必要な人があり、役立てられるのなら、使って貰えた方が嬉しい。

今、そう思っているのだから、死ぬ時まで、出来るだけ自分が、健康な状態でいたいと思う。

健康な状態の方が、臓器を使う時にも便利だと思うから…。

あなたは、臓器提供については、どう思いますか??


身近な方が亡くなると、自分自身の生き方を改めて考えさせられる。

生きていることは、全然当たり前でなく、今ある「生」は、常に「死」と隣り合わせ…。

私の今の望みは、やはり、大好きなDAVIDと、出来るだけ早く、一緒に暮らせる事。

限りある命なのだから、少しでも長く、大切な人と共に、時を過ごしたいと心から思う。


亡くなったMさんの、心からのご冥福をお祈りします。

Topic:「生きている」ということ - Genre:Mental/Health

[2013/09/11 09:26] | ライフスタイル (Life style) | Trackbacks(0) | Comments(0)
遂に完成!
メールオーダーしてあった、結婚指輪が、遂に完成し、やっと手元に届いた。


Ethicalジュエリーという、フェアトレードで環境に優しいジュエリー作りをしている会社を見つけた。

せっかく、自分達の大切な結婚指輪を作るのなら、環境にも人にも優しく、会社の考え方やコンセプトに共感できるところがいいと思ったのだ。

Ethicalジュエリーを買うことで、人や環境にプラスに繋がるお金の使い方が出来るのは、嬉しい。


お店に、DAVIDと直接出向く時間がなかったので、DAVIDがいる間に、試着のリングを自宅で試して、一緒に指輪の裏に刻印する文字を決めた。

その後、メールのやりとりでオーダーし、1ヶ月半~2ヶ月かかるというので、早目に注文した。

担当者のUさんは、何度も何度もメールをくれ、私がDAVIDのいるシアトルへ行く迄に、間に合うように取り計らってくれた。


やっと出来上がった結婚指輪は、本当にステキ…。

シンプルで、指につけても邪魔にならないデザインで、私とDAVIDの好みにピッタリ!!

悩んで決めた、指輪の裏側の刻印も、小さい字なのに、ちゃんとキレイに出来上がっている。

指輪と一緒に、ずっとお世話になったUさんからの、直筆の長いお手紙が同封されており、心のこもった対応が最初から最後まで、とても素晴らしいなと感じた。

早くこれを、DAVIDと一緒に身につけられる日まで、あと5週間とちょっと…。

再会がとても待ち遠しいし、この指輪を一緒につけるのが、すごく楽しみ!!


心から信頼し、これ程までに大切に思える相手との出会いや、このご縁に、改めて「ありがとう」と思える。

ものすごくラッキーな出会いと、DAVIDとの心の繫がりに、心から感謝している。

出会ってまだ1年半で、一緒に過ごした時間は、少ないけれど、これ程までに気持ちが通じ合える人との出会いは、奇跡に近いと思う。


10月の再会の日が、本当に待ち遠しい…。

Topic:ありがとう - Genre:Mental/Health

[2013/09/09 09:32] | 国際結婚 (International marriage) | Trackbacks(0) | Comments(0)
Yoga&Peace


繋がり&恵みに感謝し、体験や学びをシェアします‼!Mind・Body・Soulの調和を保つ様、Yoga&Holisic life&Vegitarianで心身の調和&平安を願う…恵みを享受し、この生命を活かす事が私の歓び‼

プロフィール

Masuda Keiko (増田佳子)

Author:Masuda Keiko (増田佳子)
ヨーガに出会い、あらゆる縁や繋がりに感謝する日々。
YOGA=生きる道であり、"How to"でもある…。

Vegitarian・Holistic&Natural cure&Detoxが、各々の心と身体の調和と平安に役立てるツールとなりうると、自らの体験や学びを通じて日々実感中…。

私の学んだ全てが他者の幸せに繋がる、何か氣づきのきっかけになれるのであれば、それが本当にありがたい幸せです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
YOGA, Detox adviser , Aroma therapy, Natural therapist by my foot technique, Vipassana meditation, and Vegetarian cooking based on Macrobiotics...
ヨーガ、デトックスアドバイザー、アロマセラピー、自然療法家(足技による全身施術)、ヴィパッサナー瞑想、マクロビオテッィクスに基づいたベジタリアン料理…。

These are my tools for others in this world to share with me.
これらが、この世で私が他者と共有する為に、これまで学んできた私のツールです。

I recommend eating Vegetarian foods as a daily diet to keep our body & mind & spirit balanced in peace at neutral state always through my experience.
私は自らの学びから、身体と心とソウルのバランスを平安にし、ニュートラルな状態に保つ為には、日常は野菜中心の食生活を推奨します。

My learning & experiences can make use of other's interest & welln-vbeing somehow, I hope...
私の学びや経験が、誰か必要としている方にとって、何かのきっかけづくりに少しでも役立てることを願っています。

If you are interest in my activity,
please let me know and send me some message.
もしあなたが私の活動に興味を持ったら、メッセージを下さいね。

I believe that my mission of this life is contribution to let this universe be peaceful more and better after each mind, body and spirit balanced by my tools with benevolence...,from the bottom of my heart.
私がこの世に生まれた使命は、常に慈しみの心を以って、この世をより平安に、そしてより良くする様、自らが貢献することだと心の底から信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる