子供のエネルギー
夏休みで、妹が、もうすぐ9ヶ月になる赤ちゃんと、もうすぐ4歳になる幼稚園児が、遊びに来て、今日で5日目になる。

幼稚園が夏休みなので、妹は子供2人と一緒に、実家で過ごし、その夏休みをゆっくり過ごしている。


以前会った時は、生まれたばかりでとっても小さかったが、7ヶ月ぶりに会った赤ちゃんT君は、ビックリするぐらい大きくなっている。

良く動き、ハイハイをしたり、お座りをしたりして、もうすぐ、つかまり立ちをしそうな程…。

幼稚園に通いだしたお兄ちゃんのS君も、頭1つ分、大きくなっていて、子供の成長は本当に早くて、驚く。

手足も伸び、かなり大きくなり、顔つきも、子供から少年の表情に変化している。


妹は赤ちゃんから1日中、目が離せないから、お兄ちゃんのS君は、そのエネルギーをこちらに、フルパワーでぶつけてくる。

朝は6時頃には目が覚め、自然に活動モードになり、まだ寝ている私を、起こそうと階段を上って、やって来る。

「佳子さぁ~~ん!!!」S君の朝の叫びは、目覚ましよりも強烈!!

ものすごくビックリして、一気に目が覚める。

でも、可愛いS君に、もう少しだけ寝かせて下さいとお願いし、2度寝にトライ。

ここで起きたら、私の体力が、1日持たないのだ…。


S君は、午前中も昼も、午後も寝るまでずっと動き、ものすごい運動量で、いつもとにかく元気一杯!

ありあまるエネルギーを、1日あらゆる遊びに費やす。

もう昼寝をしなくなり、休憩なしで動き続けるこのパワーは、夏の暑さとは、全く関係ないらしい…。


暑い中動き回り、汗をかいて、髪の毛が濡れてもお構いなし…、とにかく遊ぶのに夢中。

おもちゃで遊んだり、踊ったり走ったり、泳いだり、とにかく止まる時間が少ないのだ。

良く笑い、時には泣いたり叫んだり、とにかく、いつでもフルパワー!!

男の子だからなのか、こんなにいつも元気で、子供のエネルギーは本当にすごいな、と思う。


さすがにこちらの体力はS君に敵わず、ただただ、その元気に感心する。

夜、8時頃には、眠たくなってきてしまう。

でも、子供の生活リズムに合わせると、こちらもとても健康的な生活になる。


それに、S君のエネルギーは、ものすごくピュアで、繊細なんだな…、と一緒にいて感じる。

素直でとても、真っすぐなS君のエネルギーには、こちらも同じように接している事が大切なんだと、思う。

やっていけない事だけは、ちゃんとダメと言えば分かるので、本人が分かるように話す。

本人が、きちんと納得すれば、良い悪いを、もうしっかり理解できるのだ。


母と赤ちゃんの弟はいつも一緒にいるので、お兄ちゃんのS君が、出来るだけ寂しい思いを感じないようにしてあげたいな、と思う。

こんなに可愛い時期は、とても短い今だけ…。

すぐに大きくなって、今に私を見下ろすくらいに、大きく成長してしまうから…。

この夏、S君と一緒に過ごせる時間を大切にしたいと思う。

Topic:モノの見方、考え方。 - Genre:Mental/Health

[2013/07/31 11:14] | エネルギー (Energy) | Trackbacks(0) | Comments(0)
慈しみの心
LOVEとBenevolence(慈愛)は、微妙に違う。

ヴィパッサナー瞑想では、よく、LOVEよりも慈愛の心を教わる。

「慈しみの心」は、お釈迦様の教えで、とても大事にされている。

“生きとし生ける、全ての命あるもの”へ、愛情を持って接する事は、自分自身の幸せに通じるのだ。


自分が大切にしている人の幸せを願うのは、勿論、自分を嫌っている人の幸せも、共に願う。

自分が愛する人のHappyを願うのは、誰でも普通なのだが、自分を嫌う人のHappyも願う事ができるのは、『慈しみの心」があればこそ…。


私は5年前に、このヴィパッサナー瞑想の教えを受けて、その事を学んだ。

そして、今もYOGAの後には毎日、命ある全ての人の心や身体のPeaceを願っている。


ネガティブな感情や、誰かを嫌ったり嫌がる気持ちは、何より、自分自身を傷つける。

脳は、ある感情に対して、その主語が、私なのか、あなたなのか、誰かなのか、その人称を認識できない。

だから、マイナスなイメージや感情を持つだけで、自分自身の脳は、それを、自らに向けられた思いだと受け取ってしまう。

つまり、ネガティブな感情やマイナスな思いは、抱くだけで、自分自身を良くない方向へ持っていってしまう。

だからそれらを、自分自身から手放し、それとの繫がりから、自分を解放するほうが、とてもいい!!


自分自身を大事にするには、自分への気持ちも、他者への気持ちも、同じように「慈愛の心」を持つ事が大切。

その「慈しみの心」を持っている時は、自分がとても穏やかな、心地いい状態でいられるのだ。

日々、そういう気持ちでいると、それが普通になり、自然に身についてくる。


世界中であちこち起こる紛争や争いは、誤解や偏見、何かのマイナス感情や憎しみの気持ちがきっかけで、起こりやすい。

でも、この「慈しみの心」が一人一人持てば、自分だけでなく、自分以外の人の幸せも願うのだから、きっと簡単に、この世に平和がもたらされると思う。


まずは、自分自身の心が、いつも平安であるように、コントロールする。

食事や身体、心で、自分を変えていくことは、そんなに難しい事ではない。

そして、自分と他者への「慈愛の心」を、いつも持つ…。

たったこれだけで、とても気持ちが落ち着いてきて、自然に安らいだ気持ちになれる。


菜食にした事で、私自身が、心や身体から、ネガティブやマイナス感情が生まれることが、ほとんどなくなって来ている。

心や身体を作る、食の変化の影響は、本当にすごいな…、と思う。

自然に、自分や他者への、慈しみの心が生まれてくるし、それが、今の自分には、とても当たり前に感じる。

いつの間にやら、いい気持ちの維持方法が、身について来たようだ。


そして、自分や他者の、心や身体のPeaceを願った後は、「お任せ」するだけ…。

自分に出来るのは、そこまでなのだから…。

願いのエネルギーは、とても強烈にその効果を、後から発揮する。

自分の計り知れない偉大なパワーが、この世のあらゆる願いを集約し、それを現実世界へもたらす。

しかるべきタイミングで、その願いがこの世にもたらされる時が、きっとやって来る。


だからこそ、ポジティブにプラスな願いを、真摯に祈る事が、とても大切だな…、と日々思う。

I pray for everyone that we can feel happiness and Peace in mind&heart always.....

Topic:Happyになるために - Genre:Mental/Health

[2013/07/30 11:23] | 心 (Heart & Mind) | Trackbacks(0) | Comments(0)
当たり前?
「人に肉は必要だ!」とTVの焼肉のたれのCMで、キャッチコピーが、デカデカと流れていた。

当然の如く、「肉食推進」のその文字が、私には、強い違和感を覚えた。

CMで焼肉のタレを売りたいので、そういうメッセージを普通に、TVで流しているのだろうが、ベジタリアンな私には、ものすごくショッキングに感じた。


私にとって、もう肉は、動物の身体の一部なので、「食べたい」という気分が、全く起きない。

生きていた牛・豚・鳥などの事をイメージすると、食べる対象として、動物の肉を、もう見れないのだ。

ただ、「かわいそう」と感じてしまい、食べ物として肉を「美味しそう」だとは、どんな映像を見ても、私は思えないのだ。

もちろん、CMを見ても「え??」という感じで、ただただ驚いた。


肉を食べなくなってから、身体も心も、全く肉を欲しないので、それを求める人達とは、何かしらの差異を感じてしまう。

だからこそ、当たり前にCMから流れてきたメッセージに、軽いショックを覚えた。


肉・魚を、日常的に当たり前に食べている人からすると、ベジタリアン(菜食主義)であることは、逆に珍しいのかもしれない。

だから、きっと、そのCMにも、別に違和感を感じないのだろう。

穀類・野菜や果物をもっと食べて、ベジタリアンになっていく人が増えていくといいな…、と心から思う。


様々な調査からも、世界中で肉食を減らして行く事は、地球環境の為にもなり、食糧が多くの人に行き渡ることにもつながる。

もちろん、動物性食品の摂取を控えることで、様々な慢性病や、多くの難病回復にもつながり、健康にもいい。


今後、世界中でベジタリアン人口はどんどん増えていく傾向になる、という調査結果も出ている。

世界中の、増えすぎる人口を賄うには、穀物菜食のライフスタイルが、、無理なくベストなのだ。


これからもっともっと、玄米菜食が普通に広がっていくと、逆に「肉食主義者」という言い方が、出てくるのかもしれない…。

ベジタリアンのライフスタイルは、身体も心も、スッキリ軽くなってくる。


動物性食品の、ネガティブなエネルギーを摂ることがないので、心が落ち着いてきて、いつもPEACEFULな気持ちでいられるのだ。

穀類・野菜・果物が、身体だけでなく、心まで心地良くさせてくれるのだから、何ともありがたい。

暑い夏、野菜や果物が美味しい季節!!

夏バテしないように、モリモリ野菜を沢山食べ、暑い中でも元気に過ごしたい。

暑中お見舞い申し上げます!

Topic:Happyになるために - Genre:Mental/Health

[2013/07/28 10:47] | ベジタリアン (Vegetarian) | Trackbacks(0) | Comments(0)
マヤ歴の大晦日
今日7/25は、マヤ暦でいう、大晦日のような日とされている。

マヤ暦では、28日×13ヶ月+1日=365日で構成されている。

この「+1日」が、普段、私達が使うグレゴリオ暦の7/25にあたり、どの年にも属さない「時間を外した日」とみなされている。


これは、7/25が太陽のまわりを巡る地球の公転軌道が、その1回転をちょうど完了することを示す日。

そして、「時間をはずした日」は、13の月や週の枠組みから自由になる、つまり「時間をはずした」1年の最後の日と考えられている。


1年=365日は、地球が毎日1自転しながら、自らの軌道を歩むプロセス。

そして365回自転すると、地球は1公転を終了する。

この公転を完了する日を迎え始めて、私達は「地球が太陽のまわりを一巡りした」という事実を、心に刻みこむことができる。

自転という自らの回転。公転という、地球と太陽の関係である回転。

その2つの回転…、自転と公転をを繋ぎ、バランスをとる1日が、今日の7/25。


DNAに象徴される自然界の生命のあらゆる動きが螺旋であるように、地球の公転&自転運動が、螺旋状に進展し、次元スライドを促す日。

そうイメージすると、今日は、ちょっと特別な感じがしませんか?


また、7/25は、「時間から解放された日」「縁の日」「銀河の自由の日」とも呼ばれている。

今日、この日をあらゆる時間の制約から解放され、今までの「流れ」を変えるチャンスであることから、マヤ暦では「運命調整日」として大切に過ごすことをお勧めしている。

だから今日は、お願い事や清算に、意識を向けるといいですよ!

もし、何か「清算」しなくてはならない関係性・マイナス思考・悪癖があるなら、今年の「運命調整日」のエネルギーを、それにあてるのもいいかもしれない。


明日からのマヤ暦の新年に、「新しいエネルギー」が入ってくるスペースを、7/25を境にあなたの中に作る感じ…。

グレゴリオ暦で、普段何気なく過ごしてしまう7/25を、このマヤ暦での視点から、ちょっと違った過ごし方が出来るのは、何だか嬉しいですね。


そして、7/25は「時間というものが外されている」と言う、とてつもなく「自由な日」を表す。

地球に存在している私たちが、時空次元を超え、自由に旅することが可能な日らしい…。

私達が、いつも時間や空間、今居る次元を超えた感覚を得るのは、ちょっと難しいが、とにかく今日は特別!


今日は、時を超え、本当に私たちが気づく必要のある場所へと、自由に旅をし、隠されていた叡知にアクセスして、分かち合う日でもある。

自分で見えなかった、知らなかった、本当の世界へと自分自身をを招く大切な日…。

信じるか信じないかは、あなた次第ですが、私はちょっと面白そうなので、信じています。


マヤ暦でいう7/24迄の、今年の成果を乗り越え、それを7/26からの、新年に引き継いでいく、大切な日。

だから、1年の時間の流れからも、心身を解放してみることが、自分自身の心にとって、身体にとって、大きな意味をもつことになるのだろう。

この特別な1日に、あえて意識を向け、その意味を感じることにより、1年=52週=364日の規則的なパターンは、1つの輪としてまとめられる。

そして、その輪を閉じることなく、明日からの新しい年に向け、新しい螺旋状の大きな展開をもたらすために必要な力を生みだしてくれるはず…。

それは、自分自身の意識を超えた、壮大な宇宙の微細な一部のとしての自分。

もうそれは、私自身の理解の範疇を超えているスケールだと、イメージしているので、ちゃんと意識をした後は、ただ、お任せするだけ。

自分自身の意識のチャンネルを向けたら、広い広い世界へ、自由に解き放ち、その後は、ステキな流れに、ただ身を任せればいいのだ。


今日、世界のあちこちで、このマヤ暦に合わせ、特別な瞑想をしたり、お祭りをする場所もある。

まだ、日本ではマヤ暦自体が、馴染みがないので、7/25を特別な日とする人は、少ないかもしれない…。

でも、こういう事実を知り、ちょっと意識を向けるだけで、心と宇宙とがいいシンクロをし、明日からの新たな自分に繋がるのは、ステキだなと思う。

興味がわいたら、是非ちょっと、お試しあれ…。

Topic:今日の出来事 - Genre:Mental/Health

[2013/07/25 09:54] | 自然界  (Nature world) | Trackbacks(0) | Comments(0)
8月の満月
7/22は土用の丑の日で、今日7/23AM3:16~満月です。

だから、昨夜、日付の変わった深夜に、キレイな満月が見えていたはず…。


7月は、水瓶座の満月。

新月は“スタート”だとすると、満月は“達成”“完了”を意味するから、今まで手放せずにいたことを完了し、そのエネルギーを解放できる時…。


もし、何か手放したい事があるなら、具体的にその、「手放したい事」を、紙に書き出してみる。

そして、その「手放したい感情や物事」を思い、満月に解放を願う。

その後、その紙は二度と見返さず、ビリビリに破って捨てる。

そうする事で、自分の意識の中で、1つの区切りが出来て、実際にスムーズに手放せるはず…。

何か思い当たる事がある方は、今宵の満月に、是非お試しあれ…。


7月の水瓶座の満月は、新しい考えや技術など、時代の一歩先を行く、「新しい流れと自由なアプローチ」「ひらめき」がテーマ。

未来的な理想を描くのにも、最適なエネルギーがあると、言われている。


今日の水瓶座の満月のキーワードは…、

「発明」「革新的アイディア」「ひらめき」「未来」「新しい流れと自由なアプローチ」「長期目標」

他にも、「友情」「グループ」「ネットワーキング」「プラトニックラブ」です。


これらのキーワードを感じつつ、満月の「解放」をしていくと、きっといいですね。


水瓶座の満月の時は、いつも以上に理想に燃えがちだそうだ。

このとき大事なのは、理想だけを追わず、お金や現実面を疎かにしないこと。

ちゃんと、目の前にある物事・出来事に目を向け、ちゃんと現実に根付いた行動を大事にする。


水瓶座の満月は、 人が成長するための試練を授け、夢を叶える手助けをしてくれる。

だから、この時に、自分自身を解放し、内側にある自由なMINDや、大切な直感を生かせるチャンス!

自らに備わるインスピレーションや、自分の感覚を信じ、内に感じる気持ちを採掘できそうですね。


また、この水瓶座の支配する、身体の部位・機能は下腿(膝・ふくらはぎ・足首まで)や、「血液循環」。

そのの不調を解消したい方は、アロママッサージをして、ケアをすると効果的ですよ。

クラリセージ、ペパーミント、ゼラニウムを使うのが、お勧め!!


毎月やってくる、新月や満月は、自分自身の心や身体の軌道修正をしたり、自分の今をちょっと見つめる、いいチャンス。

月のリズムのお陰で、ほぼ2週間に1度、ふと、いつもの自分を振り返り、チェックすることを、思い出させてもらえる。

水瓶座の満月の、新たなプラスのエネルギーを頂き、今までの自分から、また新たな自分へ、少しでも向かうといいな。

今年ももう、残り5ヶ月ちょっと。

満月の今日、その過ごし方を、色々試行錯誤してみ手は、いかが?

今夜のキレイなお月様に、あなたは、何を思いますか??

Topic:モノの見方、考え方。 - Genre:Mental/Health

[2013/07/23 11:57] | 月 (MOON) | Trackbacks(0) | Comments(0)
選挙
今日は、選挙の日。

ここ数年、長野で暮らしていて、面倒なので住所変更をしていなかったから、時々ある選挙に行けなかった。

だから、今回は、とても久しぶりに投票が出来た。


今回の選挙は、今までになく、とても盛り上がっている気がする。

これからの日本の政策に対し、それぞれの党や候補者達が、様々に異なった考え方を持っているので、結果は割れそうだ。

若い候補者の頑張りで、選挙への関心がとても高まっているように感じる。


アメリカの大統領選出のように、日本は直接首相を選べない間接選挙で、その上、議会制だから、なかなか民意が反映されにくい。

それでも、今回は様々な論点に対し、日本がこれからどういう方向性へ向かっていくのかを、国民がどう支持しているのかが、ある程度は分かると思う。


去年のアメリカでの大統領選挙の日、私はDavidとたまたま、サンフランシスコにいた。

投票を済ませたDavidは、その結果にとても関心を持っていて、レストランや見知らぬ人とよく話し、盛り上がっていた。

どんな人も、結果や互いの考えにとても興味を持っていて、アメリカ人の選挙に対する意識の高さを感じた。

直接選挙に関わった上で、自分の考えをちゃんと持ち、どんな考えの人とも、積極的に意見交換をし、自己表現をするのが、とても普通のアメリカ。

アメリカと日本とは、制度やシステム、政治と個人との関わり方が違うけれども、個人個人がどういうスタンスで政治について考えるかは、日本でもとても大事だと思う。

どのくらいの投票率になり、どのくらい国民が政治に関心を持ち、今回の結果がどうなるか、ちょっと楽しみだ。


今日は、夕方くらいから、あちこちの局で、選挙結果の報道が始まる。

普段の番組ではなく、どの局でも、ほとんどが選挙報道になるので、子供の頃は、いつもの番組が見れず、選挙の夜は、ものすごくつまらなさを感じ、とても退屈だった。

同じ結果を報道するのだから、1つの局だけでやれば済むのに…、と思っていたものだ。


でも、選挙に参加できる大人になると、選挙に参加した事で、その結果がどうなるのか、やはり気になる。

それでも、全部の局で報道する必要はないよな…、とは今でも思うけれど。


今回の選挙の結果と、これからの日本の行方が、とても気になる1日だ。

久しぶりに、今回の選挙で盛り上がっている日本も、まだまだ捨てたものじゃないな…、と思う。

そして、これからの日本が、どのようになって行くのか、見守りたい。

Topic:ひとりごと - Genre:Mental/Health

[2013/07/21 11:11] | エネルギー (Energy) | Trackbacks(0) | Comments(0)
変化の決意
Davidが、以前は毎日、ビールを飲んでいたのだが、シアトルにいる間に、その飲酒の習慣を止めていた。

もともと、自分が長い間に続いていた習慣だったのだが、それを止めたいとも、思っていたと言う。

彼が日本に来た時は、「1年の内で、記念日や何かのお祝いの時には、飲む」と、毎日飲酒しなくとも、たまには飲みたい様子があった。

私は、もともとお酒に弱いし、それほど好きではないので、ほとんどお酒を飲まない。

自分自身が、お酒を必要としていないな…、という感覚を感じるので、飲まない事が自然なのだ。


Davidが日本にいる間、母はDavidの大好きな、キリン一番絞りのビールを、冷蔵庫に沢山用意してくれていた。

私は、お酒を止めていたDavidの努力が、日本へ来た事で、それが無駄になってしまうのが、とても残念に思い、母の気持ちは嬉しかったが、ちょっと悲しかった。

でも、その事をDavidと話した後、David自身が変化したようで、ある日を境に、「飲まない」とDavidから言い出した。

私は、絶対止めろとか、飲むなとかは、Davidには、一切言わない。

彼は、Spiritualな成長をこれからしたいと話していたので、アルコールは、Spiritualな成長やクリアなMINDに繋がる妨げになると、話しただけ…。

後は、David自身の選択で、飲むことも飲まないことも、任せようと、飲酒の話は、しばらく放っておいた。

でも、ピタッとアルコールを飲まなくなったDavidの、努力や変化は、時々ちゃんと伝えた。

彼自身が、飲酒した時と、そうでない時の違いを、ものすごく感じたようだ。


そして、ちょうど、1週間前、日本からシアトルに戻って、彼からメールが届いた。

そこには、もう、「自分の人生にアルコールは、いらない」と、お酒との決別の意が記されていた。

何が、David自身の中で、起こったのだろうか。

シアトルにいながら、色々な事を毎日考えて、そういう決意に至った様子だったので、私はそれを、好ましく思う。

自分自身の身体や人生を考え、自ら決めた事を、ちゃんと実行するDavidを、とても誇りに思う。

タバコやアルコールの習慣が、長い間続いていると、なかなかそれを、止める事は、大変だと思う。


でも、それを、何かしら氣づいた時に、ピタッと止められるというのは、強い意志と、潔い決断力を感じる。

タバコやアルコールは、身体だけでなく、MindやSpiritに及ぼす影響は、とても大きい。

だから、よりClearな自分自身に近づきたいと思うならば、そういう習慣を絶つ方が、明らかに自身の為になる。


Davidが、お酒を飲んでいた時よりも、それを絶った時の方が、明らかにPureな感覚があり、Mindがよりストレートになる。

身体のエネルギーも、心の状態もかなり違うから、きっと、David自身が、それにハッキリ気がついたのだろう。

彼の健康や、生きたい方向性の為にも、素晴らしい決意をした事は、本当に嬉しい。


ちなみに、マヤの暦をベースにした、13の月の暦の1年が来週で終わり、7/26(金)から新しい1年が始まる。

このマヤ暦の13の月の暦は1ヶ月を28日とし、その周期で13ヶ月、そして最後に1日を足して365日になる。

この最後の1日が、7/25(木)の「時間をはずした日」。

その日をどう過ごし、新たな年を7/26(金)から、スタートさせるか、とても大事なこの月末だな、と思う。

Topic:モノの見方、考え方。 - Genre:Mental/Health

[2013/07/19 11:51] | 国際結婚 (International marriage) | Trackbacks(0) | Comments(0)
お盆
私の家では、8月ではなく、7月にお盆をやる。

旧暦でやるのは、地方によってあるようで、私の実家のお盆は、毎年この時期。


7/13までに、精霊棚を用意して、仏壇に色々な飾りを作る。

夕方には、玄関で“迎え火”を炊いて、ご先祖様のお迎えをする。

きゅうりと茄子に、割り箸を使って、馬や牛を形作り、似せる。

そのエサも、細かく刻んだ野菜を葉っぱの上に置き、ちゃんとお供えする。

その日の夕ご飯には、お団子を作り、それをピラミッド状に重ね、それを仏壇に左右2個飾り、ご先祖様のご飯用に、お団子を小さなお皿にお供えする。


7/14の朝ご飯は、七色汁といって、その季節のお野菜を7種類入れた、お味噌汁を用意。

昼ご飯は、おはぎを作る。

母が朝から、もち米を炊き、潰したもち米を丸め、その回りにあんこをつけて、せっせと作っていた。

夕ご飯は、酢の物をお供えする。

「どうして、酢の物?」と疑問に思い、母に尋ねると、「昼におはぎを食べたから、夜はサッパリしたものがいいんじゃないの?」という答え。

なるほどね、確かに…。


7/15の朝ご飯は、冷や汁で、冷たいお味噌汁を用意。

お昼ご飯は、おそうめん。

とても暑い時期だから、こういう夏のヒンヤリメニューを、ご先祖様も喜ぶだろうという考えらしい…。

夕ご飯は、白いご飯に季節のおかず。

おかずは、何でもいいのだが、精進料理がいいらしく、母は、がんもどきの煮物を作っていた。


7/16は、お供えしていたかぼちゃの煮物を、朝ご飯に。

この朝食後、精霊棚を片付けて、飾り物や今までお供えした物と、お団子を、海へ納める。

以前は、海へ流していたのだが、ゴミの問題で、今は役所の人が、ゴミ回収をしてくれている。

そして、夕方には、“送り火”を炊いて、ご先祖様をお見送り。


今年は、こんな一連のお盆の様子を、ちゃんと見れて、とても面白かった。

我が家は本家なので、先祖代々の仏壇があり、こうして毎年、ご先祖様を迎え、送るまで、丁寧に色々と、毎年母と父がやり続けている。


7/13~15まで、ちゃんとお供えする食べ物が決まっているとは、知らなかった。

母は、毎年の事なので、このお供えの食べ物をちゃんと覚えている。

「メニューは毎年同じだから、ご先祖様は、たまには違う物が食べたいかもね」と笑っていた。

4日間のこのお供え物のメニューに、こういう一応の決まりがある事に、驚いた。

誰が決めたのか謎だが、一般的に、だいたいこの4日間のメニューは同じらしく、それが何とも面白い。

何故、こういうメニューなのか、きっと理由があると思うので、私はそれが気になった。

母は、「そういうもんだから…、詳しい理由は分からないよ」と言う。

そっか…。


こうして、毎年、ご先祖様を大切にしている行事が、丁寧に続けられている事は、ステキだなと思う。

人が亡くなった後でも、またお盆の時期に、こうして精霊が帰ってくる場所があり、それをちゃんと大事にする。

こういう習慣を続けている事は、おそらく、生きている人の、ご先祖様への感謝の気持ちがあるからこそ、出来るのだろう。


死後の世界は、生きている人からしてみたら、全くの謎だから、想像で色々な事を考えるのだろう。

死んだら、全てが終わりではなく、こうして実家に帰り、こちらの世界との繫がりがずっと続くと、思いたいのかもしれない。

生きている人と同じように、ご飯を出すと、亡くなった後でも、生きているように精霊を身近に感じる。

ご先祖様がいなければ、今の私の存在はない。

だから、ご先祖様を大切にし、感謝する気持ちを持つ事は、とても大事だと思う。

Topic:思うことをつれづれに - Genre:Mental/Health

[2013/07/16 15:19] | ライフスタイル (Life style) | Trackbacks(0) | Comments(0)
しばしの別れ
Davidが、今日の便で、遂にシアトルへ帰って行った。

6/4に、彼が日本に来てから、1ヶ月とちょっと、一緒に過ごしたのだが、アッという間に、時が経ってしまった。


昨日は、お互いに色々な事を話している内に、自然に涙が出てきて、止まらなかった。

泣くつもりはなかったのだが、勝手に涙が溢れてくる…。

一緒に時を過ごし、同じ場で、様々な事をシェアしてきた時間は、とてもHappyだった。

そして、翌日は、またしばらく離れ離れになる事が、何だかとても、信じられない。


まるで、自分の胸が引き裂かれるかのように、胸の奥がキリキリとして、本当に辛かった。

Davidの存在は、まるで自分の一部であるかのように、それが、いなくなるのは、自分の身を引き裂かれる用に感じる。

Davidも、私の涙に困ってしまい、抑えていた涙が、遂に溢れ出す。

Davidの涙は、嗚咽に代わり、私と同じように、抑えていた辛い気持ちをが、一気に出て来てしまったようだ。


今回の再会で、お互いのLOVEや気持ちが、改めて深く、互いが、お互いに必要不可欠な存在だと、再認識。

結局、またお互いに、思いっきり号泣してしまい、翌朝は、案の定、2人とも、目が腫れていた。


「ノーモア、クライ。ノーモア、ティアーズ。」と、昨夜思いっきり泣いた後、お別れの今日は、泣くまいと話した。

でも、いざ離れる時が近づくと、自然に涙が出て来てしまった。


Davidも、目に涙がいっぱい溢れている。

こんなにも、お互いがお互いを必要としているのだな…、と改めて自分達の関係を、愛おしく大切に感じた。

切ない気持ちをお互いに抱きつつ、別れの時は、待ってくれない。


でも、今日の別れは、これが最後になるはず…。

次回、Davidに会う時は、もう一緒に暮らせる時だから、もう、こんな辛い気持ちになる事は、ないのだ。

そして、今日が、2人にとっての新しいスタートになり、Davidがシアトルに戻り、2人のこれからの生活の準備を進める。

だから、気持ちを切り替えて、明るく、前向きにこの、しばしの別れを捉えようと、お互いに了解した。


Davidと過ごした時は、本当にHappyだった。

共に、時や場をシェアし、多くのことを話したり、様々な体験ができ、とても有意義に過ごせた。

何気ない時間、ただ、お互いの存在を感じると、心が落ち着き、とても穏やかな幸せに満ち、どの時間も、ものすごくHappyだった。

心が、深くしっかりと繋がり、お互いにお互いの存在が、とても心地良く、Happyな気持ちが自然に溢れる…。


お互いのLOVEを、またこの再会で再確認し、次へのステップに繋げていきたい。

「もう、これ以上離れているのは嫌だ」、とお互いに強く思った。

1日でも早く、VISAがアメリカから降りて、共に暮らせる日が来ることを願う。

今頃、シアトルへ向かう飛行機の中にいるDavidは、何を思っているのだろう…。

また、会える時は、きっとすぐに来ると、信じている。

Topic:ありがとう - Genre:Mental/Health

[2013/07/13 16:23] | 国際結婚 (International marriage) | Trackbacks(0) | Comments(0)
星に願いを…
今夜は、七夕…。

どんな願い事を、星に託しているのでしょうか?


今日は、朝から、30℃近い気温になり、まるで夏がやって来高のような、暑さ。

夜になると、少しは涼しくなるが、日中は、ただ「暑い…」としか言えない陽気になって来た。


昨日や一昨日は、かなり風が強くて、暑くても、風のお蔭で、何とか過ごせた。

でも、今日の様な暑さになって、風が吹かないと、とにかく暑い…。

皆様、急な気温の上昇で、体調にくれぐれも気をつけて、お過ごし下さいね。


星に願いをかけたり、自分の思いを紙に書いて、気持ちを表現する事は、今日は多いことだろう。

願いをかけて、気持ちを言葉や文字にすると、それはとても強いエネルギーを持つ。

信じようが信じまいが、本当に、それが実現の方向へ、見えないエネルギーが働きかけていくのだ。

それが、いつの間にか、うまい具合に、宇宙のエネルギーの自然な流れに乗って、いつか、自分自身に戻ってくる。


だから、出来るだけ願いは、ポジティブに前向きな、明るい事を願う方がいい。

そして、願った後は、それを宇宙のチカラへ委ねてしまい、後は、お任せするだけ。

簡単だが、とても現実的に起こりうる事なので、願い事は、慎重にする事をお勧めします。


そして、真面目な気持ちと、素直な願いを、心に深く、真っすぐに持ち続ける事で、自分の願いは叶い易くなる。

今夜、願う全ての人達のHAPPYが、ちゃんと叶いますように…。

雲もなく、スッキリとした夜空だから、きっと沢山の星達が、皆の願いを聞き届け易いはず…。


今、目の前にある幸せや、LOVEに溢れる深い、真っすぐな気持ちを感じて、昨日、自然に涙が溢れた。

Happyな事を、見つけたり感じたりする事で、今ある幸せに、自然に感動できる今を、大切にしよう、そう思う。

幸せは、誰かとシェアしたり、一緒に時を共有する事で、何倍にも増幅する。


この世の中に、もっともっとLOVEとHappyが溢れ、多くの人の心の中が、PEACEに満たされます様に…。

I wish for every beings filled with LOVE and Happiness in Peace forever!!

Topic:幸せに生きる - Genre:Mental/Health

[2013/07/07 19:12] | エネルギー (Energy) | Trackbacks(0) | Comments(0)
Yoga&Peace


繋がり&恵みに感謝し、体験や学びをシェアします‼!Mind・Body・Soulの調和を保つ様、Yoga&Holisic life&Vegitarianで心身の調和&平安を願う…恵みを享受し、この生命を活かす事が私の歓び‼

プロフィール

Masuda Keiko (増田佳子)

Author:Masuda Keiko (増田佳子)
ヨーガに出会い、あらゆる縁や繋がりに感謝する日々。
YOGA=生きる道であり、"How to"でもある…。

Vegitarian・Holistic&Natural cure&Detoxが、各々の心と身体の調和と平安に役立てるツールとなりうると、自らの体験や学びを通じて日々実感中…。

私の学んだ全てが他者の幸せに繋がる、何か氣づきのきっかけになれるのであれば、それが本当にありがたい幸せです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
YOGA, Detox adviser , Aroma therapy, Natural therapist by my foot technique, Vipassana meditation, and Vegetarian cooking based on Macrobiotics...
ヨーガ、デトックスアドバイザー、アロマセラピー、自然療法家(足技による全身施術)、ヴィパッサナー瞑想、マクロビオテッィクスに基づいたベジタリアン料理…。

These are my tools for others in this world to share with me.
これらが、この世で私が他者と共有する為に、これまで学んできた私のツールです。

I recommend eating Vegetarian foods as a daily diet to keep our body & mind & spirit balanced in peace at neutral state always through my experience.
私は自らの学びから、身体と心とソウルのバランスを平安にし、ニュートラルな状態に保つ為には、日常は野菜中心の食生活を推奨します。

My learning & experiences can make use of other's interest & welln-vbeing somehow, I hope...
私の学びや経験が、誰か必要としている方にとって、何かのきっかけづくりに少しでも役立てることを願っています。

If you are interest in my activity,
please let me know and send me some message.
もしあなたが私の活動に興味を持ったら、メッセージを下さいね。

I believe that my mission of this life is contribution to let this universe be peaceful more and better after each mind, body and spirit balanced by my tools with benevolence...,from the bottom of my heart.
私がこの世に生まれた使命は、常に慈しみの心を以って、この世をより平安に、そしてより良くする様、自らが貢献することだと心の底から信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる