中秋の名月
今日は、満月。

中秋の名月とう、秋の満月。

だいたい28日の周期で、当たり前の様に月が満ちて、欠けていく。

夜空を見上げると、日に日に月の形が変わり、自然な現象なのだが、とても不思議に思う。


満月近くになると、夜中でも空が明るい。

ここは、長野の山の中なので、夜空に、星が沢山、とても綺麗に見られる。

満月近い夜は、その月の明るさで、星がちょっと見えずらく感じる程…。


満月といえば、お月見団子。

実家の静岡にいる時は、漉し餡に円柱の小さなお餅が、からまったお月見団子を、お供えしていた事を
思い出す。

そして、その時期は栗が美味しい季節。

お月見団子と共に、大きな栗を沢山母が、茹でてくれたな…。

蒸しあがった熱々の、大きな栗を、半分にパカッと包丁で切り、スプーンで掬って、ハフハフ言いながら
食べた。

母は、お店で買ったものではなく、手作りの食べ物をいつも作ってくれた。

母と離れて暮らしていると、そういう母の手作りの"お袋の味”が懐かしい…。


満月は、色々な物事を、吸収しやすい時期。

人が集まったり、何かを共同して行うと、とてもいいエネルギーを得られるそう…。

同時に、事故や事件が起きやすい、間違いの起こり易い時でもある。

なかなか感じにくいが、人の体内の約70%は水分で出来ているから、月の満ち欠けによる、体内の水分
バランスは、少なからず影響を受ける。


今夜は、美しい月に向かって、何を思う?

一年で、何回かある満月だが、この秋の満月は、ちょっとスペシャルな感じがする。

今宵、素敵な満月の夜を、お過ごし下さいね。

台風接近中で、今夜満月は見れそうも無いけれど、目に見えなくとも、夜空に存在している。

Tonight is full moon.

In the fall season,Mom made a special offering for the moon when I was childhood.

I hope that everyone can feel nice energy of full moon tonight...

What do you think and feel tonight for the full moon?

Topic:アロマテラピー - Genre:Mental/Health

[2012/09/30 05:30] | 月 (MOON) | Trackbacks(0) | Comments(0)
秋模様…
朝晩、かなり涼しい風が吹き、ところどころ、緑の葉っぱが黄色くなり、秋らしい雰囲気。

栗が落ちていたり、梨やリンゴが、出てきたり、秋の味覚も出てきた。

8月が終わって、9月が来たと思ったら、もうその9月も下旬になっている…。

時の経過が、本当に早い。


朝の太陽が昇る時間が、遅くなり、夕方の日の入りが、早くなり、夜の時間が長くなってきた。

もう一ヶ月後には、ここを辞めて行くんだな…、と頭では理解しているが、あまり実感がわいてこない。


穂高養生園のスタッフブログにも、ここを卒業する事を書いた。

それを読んでくれたゲストが、私が辞める事を、残念がってくれ、寂しがってくれる。

「また訪れた時は、佳子さんはいないんですね…」と。

何ともありがたい事だ。

穂高養生園は、毎年何人かのスタッフが、辞めては新しく入り、入れ替わりながら続いている場所。

そして、ゲストから「おめでとうございます」と言われると、何だかちょっと照れくさい…。

婚約し、これから結婚するんだな…、と自覚はあるものの、まだ実感があまりない。

来年へ向け、色々準備をしていく事で、少しずつ実感がわくのだろう。


10月は、沢山の友人や、以前一緒に働いていた、仲間らが遊びに来てくれる。

その再会がとっても、今から楽しみで仕方ない…。

シアトルへ私が行く事が、とても遠くへ行ってしまう様に、友人には思える様で、今居る内に会っておこう、
と思ってくれる様だ。

私に会いに、わざわざ遠方から来てくれる事が、物凄く嬉しい。

友人の存在は、私にとって宝物。


久しぶりの再会に、坊主頭から髪の伸びた私を、ご披露しよう。

どんな感想をもらえるかな?

再会したら、きっと話が盛り上がり、尽きないだろうな…。

10月が、今からワクワクしている…。

Topic:ポジティブでいこう! - Genre:Mental/Health

[2012/09/29 06:52] | 心 (Heart & Mind) | Trackbacks(0) | Comments(0)
懐かしさ
Facebookの仕組みが、イマイチまだ良く分かっていない。

でも、高校の同級生が、Facebookに現状今日をUPしている。

それを見つけて、同級生の近況を知れて、ちょっと楽しい。


今年、高校卒業20周年と言う事で、静岡で記念の同窓会が開かれるらしい…。

“らしい”というのは、今まで住所をかなり変更したので、それをわざわざ高校へは知らせていなかった。

だから、同窓会のお知らせは、私は知らなかったが、その開催を、高校時代の友人が教えてくれた。


高校を卒業して、もう20年経ってしまうとは…。

月日の経過は、本当に早い。

Facebookで、高校の同級生の今を、垣間見ていたら、とても懐かしく色々な事を思い出す。

文武両道の、驚愕の進学校だったので、とても楽しい3年間だった。

クラスメートは皆、優秀でユニークな、素敵な個性あふれる友人ばかり…。


20年も経つと、同級生は、本当に様々な変化をしている。

結婚していたり、子供が大きくなっていたり、高校時代の当人からは、想像がつかない。

バツ一になっていたり、シングルマザーになっていたり、独身でバリバリ仕事を続けていたり…。

有名会社にいたり、官公庁に勤めていたり、先生になっていたり、会社を興していたり…。


勿論、今の自分は、高校時代の時からは、全く想像がつかない。

だから、同級生の今も、過去の自分の想像を超えている。

でも、その変化が面白い。


懐かしい同級生からのメッセージがあの頃のままの、(増田+佳子を略して)「ますけ」という呼び名
が、より懐かしさを増す。

11月にある、その記念同窓会で、何人かの同級生に再会できる事を願っている。

来年からシアトルへ行く事になるから、その前に久しぶりに、懐かしい友人に会っておきたいから…。

毎年年末年始を、インドやタイで過ごしていたから、静岡の友人には久しく会っていない。

この機会に、同級生に会えるといいな…。

Topic:人間関係 - Genre:Mental/Health

[2012/09/28 05:28] | Private (私的なこと) | Trackbacks(0) | Comments(0)
孤独
人は、孤独だ。

生まれる時も死ぬ時も、その瞬間を1人で迎える。

どんなに心の近しい人でも、それを代わる事は、不可能だし、避けては通れない、この世の常…。


だからこそ、人は、人を求めたり、愛する何かを、自然に欲するのだろう。

ちゃんと、人が自分自身を理解し、ちゃんと考えた上で行動すれば、この世はLOVEや平和で満たされ
ると、私は思う。

社会や環境、自分の境遇や時代の流れ等、自らを取り巻く世界に、翻弄されない様に気をつけて…。

自身の中心軸をちゃんと持ち、正しい心の状態で、いつも賢明な選択を出来たら、素晴らしい。

時には、その軸が振られたり、何かに影響を受ける事があっても、その影響を、己のフィルターに、
かけていく。


自分に何が必要であるか否かを、ちゃんと判断できる、智慧を内に育てる事が、求められる現代。

私も、死ぬ迄未熟な、未完成な人間だろう。

でも、それでも成長し続けて生きていきたいと、常に思う。


孤独をちゃんと内に自覚し、自分自身のこの命を、どう活かし、人へより良い関わり方が出来るか?

今は、次なるステップへ向け、もう一度、自分自身を掘り下げ、シンプルに自分の方向性を見つめる時。


あらゆる事から、人は学ぶチャンスがある。

人との関わり、仕事、恋愛、怪我や病気、自然災害からも…。

私の今、この日常からも沢山学んでいる。

楽しんで、沢山笑って、次なるステップへ進んでいこう、そう思う。


それが、お世話になった方達や大好きな人々への、私が出来る、ご恩返しだと思うから…。

今、私が在る、このありがたい生命に、心から感謝!

この命が、終わる時まで、私らしく内なるSPRITが喜ぶ生き方を、マイペースに歩もう。

Till the death do me apart from this body,I want to make use my life to be useful way for the world peace...

Solitude is the truth in this world.

And everything is changing at any moment...

Nothing change in this universe.

Topic:スピリチュアル - Genre:Mental/Health

[2012/09/27 05:38] | エネルギー (Energy) | Trackbacks(0) | Comments(0)
再び、常念岳へ!
お休みの日に、常念岳へ登った。

9月に、友人が遊びに来てくれた時も、常念岳へ登ったが、それは“一の沢”からのルート。

今回は、“三股”ルートから、登った。

同じく三股からは、蝶ヶ岳へも登れる。

以前、蝶ヶ岳へ登った時、同じ登山口から、常念岳へも行けると知り、ずっと気になっていたルート
だったのだ。


というのも、登り口の看板に5時間という、目安が書かれているから、「大変かな?」と思ったが、気
になっていて、チャレンジしたいルートだった。

入り口に「ここからは、水場がありません。登山道が険しいので、途中で、動けなくなる方、続出!
体力に自身の無い方は、お止め下さい」という、警告看板があった。

確かに水が無くて、途中でヘタばったら、救助されなくては下りられないだろうから、一応注意書き
をしてあるのだろう。

でも、この看板に、行きには、私は気がつかず、帰りに気がつき、「あら、そうだったのね…」と。


体力は(多分?)、普通の女性としては、恐らくある方だから、何とか3時間でサクッと登れた。

沢山の熊笹が生えているエリアの後は、ちょっと楽な平坦な道。

その後、岩がゴツゴツしている、岩登りエリアが、ちょっと面白い。


自分の一歩と、呼吸、自然の音・鳥の声だけが、耳に心地良く、注意を全身に巡らす…。

一歩足を踏み外せば、大きな怪我に繋がるから、ずっと集中して進む。

途中、いくつかの男性グループを追い抜き、私はマイペースに汗を流す。


山の中での、気候の厳しい場所でも、健気に咲く高山植物や、岩のコケ、倒れた木々が、「命」その
ものを、ありのままに見せてくれる。

「生きている」という実感と、自然も私も、呼吸を通して、何の境も無く、生き物として、ただ自然に
繋がっているのだ…。


霧が出て来て、可愛い番の雷鳥にも会えた。

山頂に着いた時、まるでお天気が気まぐれでプレゼントしてくれた様に、雲や霧が晴れ、素晴らしい
絶景を見られた。

途中、紅葉や黄葉している植物が、秋の訪れを、私に知らせる。


帰りは、また同じ道でも、違う感じ。

別ルートからの常念岳は、これまた素晴らしかった。

山頂はもう、秋なのでかなり涼しく、冷たい風が吹く…。

秋山は、秋の花や紅葉が素晴らしい。

でも、寒さに体力を奪われるので、かいた汗が、すぐに冷たく冷え、あまり長居していられない。


安曇野に住んでいる間は残り一ヶ月ちょっと…、あと幾つ、登山出来るかな?

山登りは、本当に素晴らしくて楽しい!!!

長野は、山だらけ。

登る山が、沢山あって嬉しいな。

Climbing mountains is so fun and my pleasure...

Many peaple like to climb mountains ,I understand why now.

I want to recommed everyone to climb mountains with your own level.

It effects both on mind and body through this experience.

Let's climb mountains at this fall season!

Any mountains will be able to show us beautiful view and nice time for you!!!

Topic:今日を生きる - Genre:Mental/Health

[2012/09/26 06:08] | 趣味 (Hobby) | Trackbacks(0) | Comments(0)
教え子の成長
10年程前、横浜に暮らしている時、小・中学生向けの、進学塾で講師をしていた。

子供に教える事は、自分自身の学びになり、とても面白かった。

とても多感で、デリケートな成長期・思春期の子供らとの時間は、楽しかった。


教える生徒の、個性は本当に様々で、授業以外の時間での、他愛ないやりとりが、とても思い出に残って
いる。

同僚の先生が、私を「ますけい“ネィさん”」と呼んでいたので、生徒にもそう覚えられていた様だ。

生徒の恋愛や、友達付き合いの相談を受けたり、勿論、受験指導もしたなぁ…。


教える授業の内容は、試験に大切なポイントだったり、受験に合格できる、分かりやすい考え方だったり、
数学や理科担当だった。

テストの点数UPや受験の為に、ご両親が子供にお金を払い、生徒らは教室に来る。

だから、先生の役割は、その期待に沿える様に、授業の工夫や試験対策となる。

でも、私はもっと大事な部分を、伝えたいな…、といつも思っていた。


「なぜ、学ぶのか?」

「高校や大学は、何故行くのか?」

自分が子供の頃、受験を経験したときには、まだ曖昧で良く分からなかった事も、経験を通して伝えられる事
があると思えた。


基本的に、子供は「分からない事を知りたい」という、好奇心の塊だと思う。

試験の為の学びではなく、生きる上で、新しい知識や未知なる智慧を、知る事そのものは、喜びだから…。

子供の成長や、ポテンシャルは未知数!

関わる大人や先生によって、いかようにもドンドン伸びると、私は信じている。

「自分がやれば、出来る!」と、努力でちゃんと、その成果を感じ取れれば、その努力すら楽しいはず。


最近、Facebookなるものを始めて、10年振りに、横浜時代の生徒の近況を知れた。

大学生を経て、社会人一年目になっている人、大学院に通っている人、旅をしている人や、良く分からない
人まで、現状況は様々…。

顔も、子供の顔から一変して、面影が残る人もいれば、本人か?と目を疑う様な人もいたり、ちょっと見た
だけでは、生徒だと認識し難い…。


何はともあれ、それぞれが、各々の道を歩んでいる事が、なんだか嬉しい。

24歳前後の、今の彼らは、若さにあふれ、現実をそれぞれが楽しんでいる様だ…。


どんな道に進もうと、いつも「選択は自分自身にある」と言う事を忘れないで欲しいと思う。

そして、人や社会に流されず、いつも自分の気持ちに素直に、正直に歩んでいたら、それだけで十分。

生きていたら、きっとまたどこかで再会できると、信じている。

11月末に、横浜に滞在予定があるから、会えたら嬉しいな。

会えなくとも、生きていてくれれば、それだけで私は嬉しい。

I am so looking forward to seeing again my lovely students.

Their growth is my pleasure...

If possible,I hope we can see again someday and somewhere in this earth.

Topic:自分らしく - Genre:Mental/Health

[2012/09/25 04:35] | Private (私的なこと) | Trackbacks(0) | Comments(0)
新しい携帯電話
まっさらの、初期化された携帯電話を充電した。

10日だけしか、携帯を使わずにいたら、30件ものメールが溜まっていた。

勿論、アドレス帳もパァになったので、誰からのメールなのか、名前が無いと、分からない。

名前を推察出来る、メールアドレスは、とても少ない。

くれたメールの文面の内容から、相手を予想しても、限界がある。


名前の分からない方には、こちらの事情を相手に伝え、「あなたは誰ですか?」とわざわざ、尋ねなくては
ならない。

受け取った側は、「?」と思うだろうし、再度のメールで面倒をかけてしまう。

何て、面倒くさいやりとり!!


勿論自分の、「携帯を洗濯機にかけた」お馬鹿なドジ話も、報告するので、相手は笑う。

ハァ、ちょっと情けない…。

10日間、メールのやりとりが出来なかった為に、頂いたメールに、すぐ連絡が出来ず、ごめんなさいね。

この場を借りて、お詫びします。

それと、これから私に携帯メールを送る方、どうかお名前を忘れずにお願いしますね。


そして、あらゆる機能が、初期化されているので、また一から、全ての設定を、し直し!!

自分のおっちょこちょいは、こういう所で、後始末をつけなくてはならない…。

一度にやると、嫌になっちゃうから、少しずつ、やっていく。


何はともあれ、携帯が使える生活が戻り、確かに便利。

携帯電話がある毎日が、当たり前になっていたので、使えない10日は、新鮮だった。

携帯が手元になくても、多少の不便はあるが、それ程、困る事はなかった。

時間を知らせるアラーム機能を、毎日使う程度…。


自分はいいけれど、相手が連絡を取りたい時に、私に繋がらないのは、ちょっと困ると思った。


「携帯を洗濯機にかける私だが、DAVIDは、こんな私で大丈夫?」と、事の顛末をメールした。

この失態には、彼は一切触れること無く、「I love you.」との返信。

何て優しいメッセージ…、とてもホッと安心した。

私のドジさ加減に、彼が呆れてしまってなくて…。

本当に、色々なオッチョコチョイを気をつけよう。

New mobile phone is useful for my daily life.

I need to do anything more carefully every day.

My stupid and careless actions were so many things in the past.

I do not want to do repeatedly such a stupid happenings again,NEVER!!

Topic:思うことをつれづれに - Genre:Mental/Health

[2012/09/24 06:07] | 日記 Diary | Trackbacks(0) | Comments(0)
正しい考え
自分の考えを、ちゃんと自覚してコントロール出来たら、素晴らしいと思う。

誰でも、自分の考えや意見を持っていて、それぞれが、自分の価値観を持っている。


状況や他人の言動に、自分が惑わされる事なく、

「大切な目的から、考えが外れていないか?」
「何を、どのように考えればいいか?」

と、いつも自分自身が、確認していく事が、大切だと思う。


どんな時も、判断を誤らない様に、人の意見も参考に聞きつつ、それでも、思考の軸がブレない様に…。

そうあれば、賢明な考え方の癖が、身につくと思う。


そうでないと、周りの影響を受けてしまい、自分本位な考えにばかり捉われてしまう。

正しい思考でないと、感情や気まぐれ・迷い、衝動的な行動に、その人自身が振り回されてしまう事にも、
つながりかねない。


正しい考え方を出来る為には、いつも、他者や状況に対して、適切で正しい心の状態でいられる様に、己
を律する事が、必要だろう。


本来、人はそれぞれ「違う」のだという、大前提を覚えておく事が、大切!

その差異を互いに認め合えれば、では、その違いをどのように、折り合わせていけるか、お互いに試行錯誤
できると思う。


まずは、自分の意見をしっかり持つ。

その上で、他者との意見の差異を認め合う。

その時互いに、素直な気持ちで出し合える、フラットな関係性の構築が大切。


何より、本人の居ない場所で、問題や意見を交換しても、始まらない。

疑問を感じたら、直接その当人の所へ行って、積極的な意見交換を、直にする方が、健全だ。

どんな話も、当人の居ない所での会話は、“陰口”には違いない。

いい話も、そうでない話も、陰口は美しくない。


本人の居ない場での、第三者同士の会話は、あまり私は好きではない。

中立的な話が、出来ない様なら、積極的にその会話に加わらない様に、気をつけようと思う。

最近、あまりいい状態ではなかったので、改めて心がけていこう。


そして、問題や何か思いがあれば、当人の居る所で、見えるオープンな会話をする。

真実に基づいて、基本的なしくみに則った考え方で、いつも現実を捉えていけたら…、と思う。


それは、自分自身の安定にも繋がるし、今よりも、より良い環境や、もっと素敵な関係を、誰かと築ける
と信じているから…。

Topic:自分にできる事から - Genre:Mental/Health

[2012/09/23 05:08] | つれづれ (murmur) | Trackbacks(0) | Comments(0)
携帯生活、戻る
携帯を洗濯機にかけて、壊してしまってから、10日程、携帯電話のない生活をしていた。

やっと、「修理が完了した「という連絡を受け、ショップに行った。


予想通り、濡れた携帯電話は、アドレス帳もメールも、データも全て“再生不可”!

やっぱりね…。

「全損」と言う事で、全てリニューアルしてもらい、勿論データは全て初期化された。

仕方ない…。

同じ物を、新品に交換してもらい、まっさらの状態の携帯。


修理に出した時に、受付した女性は、10500円かかると説明していたので、そのお金を用意した。

でも、その機種代金40000円近い請求書を、受付の女性に見せられた。

この代金は、全く聞いてない!

私が説明を受けた際のやりとりを、その女性に話すと、裏へ回り、「確認してくる」と…。

私はお財布を覗き、一応、お金は十分あるけど、ドキドキして、彼女の返答を待った。

「こちらの説明ミスですので、差額は、こちらで負担します」との事。


え?本当にいいの?

3万近い金額を、私は払わずに済み、とてもラッキーだが、AUとしては、これでいいのかな?

あまりにあっさり、支払いについてO.Kが出たので、ちょっと拍子抜けした。

さすが、AU、太っ腹…。

ここは、甘えさせてもらおう。


それにしても、新しいピカピカの携帯は、嬉しい。

今度は、もっと大事に扱って、長いお付き合いをしようと思う。

Thank you!!

Topic:ひとりごと - Genre:Mental/Health

[2012/09/22 05:54] | 独り言 (Talking to myself) | Trackbacks(0) | Comments(0)
毎日が…
誰かの誕生日。

今日は、一緒に働くスタッフの、S子さんのお誕生日!


「おめでとう」という気持ちよりも、お誕生日は、その方が生まれて来てくれて、今、こうして居てくれる
事、そのものに「ありがとう」を伝えたい。

同時に、毎日誰かの、命日…。

悲しいかな、この世の常で、日々、命の始まりと終わりが、繰り返されている。

諸行無常…、常に移り変わり、変化し続けている…。

全てが、一瞬一瞬として、同じではない。


一呼吸する度に、あらゆる事が、自分自身の中でも、外の世界でも、変わり続けている。

今在る、全ての事が、ありがたくて愛おしい。

目に映る、自然も緑も、人も動物も、私が見て、感じる世界は、常に完璧だ。

「変わり続けている」という真実において、完璧なのだ。


人が生まれて、死ぬ迄、どれ程の人と関わり、出会いや別れを体験するだろう。

LOVEを内に備える、多くの人と今、ものすごく沢山関われているから、本当にありがたいと思う。

ありがとう!!

20代後半を、S子さんはこれから、どう過ごすのか?

私のその頃を、ちょっと思い出す…。

今を、共に過ごせる事に、本当にありがとうの感謝を伝えます。

より素敵な女性にまた、成長するであろう彼女が、今から本当に楽しみ!

Birthday is ,at the same time ,somebody's day of death.

Every moment all in this world is changing ,it is true nature...

I am so appriciated with all around me now ,and I want to cherish and love more this situation...

Topic:ありがとう - Genre:Mental/Health

[2012/09/21 05:27] | エネルギー (Energy) | Trackbacks(0) | Comments(0)
Yoga&Peace


繋がり&恵みに感謝し、体験や学びをシェアします‼!Mind・Body・Soulの調和を保つ様、Yoga&Holisic life&Vegitarianで心身の調和&平安を願う…恵みを享受し、この生命を活かす事が私の歓び‼

プロフィール

Masuda Keiko (増田佳子)

Author:Masuda Keiko (増田佳子)
ヨーガに出会い、あらゆる縁や繋がりに感謝する日々。
YOGA=生きる道であり、"How to"でもある…。

Vegitarian・Holistic&Natural cure&Detoxが、各々の心と身体の調和と平安に役立てるツールとなりうると、自らの体験や学びを通じて日々実感中…。

私の学んだ全てが他者の幸せに繋がる、何か氣づきのきっかけになれるのであれば、それが本当にありがたい幸せです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
YOGA, Detox adviser , Aroma therapy, Natural therapist by my foot technique, Vipassana meditation, and Vegetarian cooking based on Macrobiotics...
ヨーガ、デトックスアドバイザー、アロマセラピー、自然療法家(足技による全身施術)、ヴィパッサナー瞑想、マクロビオテッィクスに基づいたベジタリアン料理…。

These are my tools for others in this world to share with me.
これらが、この世で私が他者と共有する為に、これまで学んできた私のツールです。

I recommend eating Vegetarian foods as a daily diet to keep our body & mind & spirit balanced in peace at neutral state always through my experience.
私は自らの学びから、身体と心とソウルのバランスを平安にし、ニュートラルな状態に保つ為には、日常は野菜中心の食生活を推奨します。

My learning & experiences can make use of other's interest & welln-vbeing somehow, I hope...
私の学びや経験が、誰か必要としている方にとって、何かのきっかけづくりに少しでも役立てることを願っています。

If you are interest in my activity,
please let me know and send me some message.
もしあなたが私の活動に興味を持ったら、メッセージを下さいね。

I believe that my mission of this life is contribution to let this universe be peaceful more and better after each mind, body and spirit balanced by my tools with benevolence...,from the bottom of my heart.
私がこの世に生まれた使命は、常に慈しみの心を以って、この世をより平安に、そしてより良くする様、自らが貢献することだと心の底から信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる